愛犬がドッグフードを食べない時は・・・

ドッグフードを食べたけど、いつもは全部食べるのに今日に限って残してしまった。経験したことあるのではないでしょうか?

飼い主としては、愛犬の様子がいつもと違う様子を見せると心配になりますね。なんで愛犬はドッグフードを食べなかったのでしょうか。

人間だったら、気に入らないことがあったり、気分が落ち込んでいたり、疲れすぎていたりすると食欲がわかないことがありますが、犬もそうなのでしょうか?

これまで与えていたドッグフードと種類を変えたら食べなかった場合、その新しいドッグフードが気に入らなかったのかもしれません。あるいは、初めて見るものに警戒して用心しているのかもしれません。そういう場合は、しばらく様子を見てあげればそのうち食べるようになるでしょう。

愛犬がドッグフードを食べない時は・・・

いつものドッグフードなのに食べないこともあるでしょう。その場合、いつものドッグフードを与える前に、いつもと違うものを食べさせていた可能性があります。

その初めて食べたもののほうが、いつものドッグフードよりおいしくて、目の前に出されてこれまでのドッグフードに興味を失ってしまったことが食べない原因かもしれません。

この場合は、愛犬がドッグフードを食べない原因は飼い主にありますが、犬にいつもの(おいしくない)エサ以外は食べられないことを認識させる必要があります。

そんなときは、一旦エサの入った皿を下げて、いつものエサ以外は食べられないことをしつけるしかありません。それか。もうあきらめて、これまでのドッグフードを止めて、おいしいエサを与えるしかありません。

ただし、食事に興味を示さないのは、犬の体調が悪くて食欲がない可能性もあります。その場合は病院に連れて行きましょう。体調が悪い場合は、見るからに元気がなさそうだったり、体が震えていたり、排せつ物がいつもと違う状態だったりしますから、日頃から愛犬の様子を注意して観察しておきましょう。

体調にも問題がないのに食べない時は、精神的な問題かもしれません。たとえば、飼い主に怒られたばかりで落ち込んでいる。長時間ほったらかされて拗ねている。反対に、楽しいことがあって興奮しすぎて食事どころではない可能性もあります。この場合は、時間が解決します。お腹が空いたら勝手に食べますよ。

Top